新卒採用支援サービスで人材確保

新卒採用支援サービスで効率的に人材を確保する

どの業界でも人材不足が問題となっていますが、これからの時代を生き抜くためには人材の確保が重要な課題となってきます。うまく採用が行えない時には新卒採用支援サービスを利用してみましょう。会社の将来を担う人材を集められるかもしれません。

そもそも新卒採用支援とは何か

人材の確保が難しい中で新卒採用支援サービスが注目されています。それでは、そもそも新卒採用支援サービスは一体何なのでしょうか。別の言葉では採用代行とも呼ばれますが、要は採用のプロに優秀な人材を集めてもらうことが出来るサービスのことです。今の求人市場は売り手市場になっています。学生側が会社を選ぶことが出来る状況にあります。そのため企業から学生にアピールしていく必要があり、採用活動も多様化しています。また就職活動が長期化しているため、複数の内定を得る学生が増加しています。そのため内定辞退者が非常に多く、内定辞退の対策を行ったり、第二採用などの必要が生じてしまいます。以上のような理由から代行の必要性が高まっています。

新卒採用支援サービスで行えること

新卒採用支援ではどのようなサービスを受けることが出来るのでしょうか。サービス内容は事業者によっても変わってきますが、共通しているものとしては3つ挙げることが出来ます。まず1つ目は採用戦略です。前年までの採用活動のデータから今後どのような採用活動を行っていくべきなのかを分析します。採用戦略は最初に行われるものですが、最も重要な作業ですので要望がある場合にはどんどん伝えましょう。2つ目は業務代行です。インターンシップの企画、新卒採用サイトの開設、書類審査、面接などあらゆる採用に関わる業務を代行してくれます。3つ目は内定者への教育です。教育までを行う事業者はまだ少数ですが、内定辞退者を防ぐという意味合いもあり、今後需要が高まると考えられています。

新卒採用支援サービスのメリット

それでは新卒採用支援サービスを使うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず最も魅力的なのは採用のプロに採用活動を依頼できることです。人材確保が難しい現代において、採用のノウハウが豊富なプロは非常に頼もしい存在です。当然プロに依頼する以上、多少のお金は必要となりますが、人材を確保できなかった場合のリスクや、内定辞退者が出てしまった場合の業務負担を考えると決して高くはないでしょう。また採用活動を代行してもらうことで、本来の業務に集中できるというメリットも生まれます。新卒採用は1年を通して行われるものであり、その負担は計り知れないものがあります。採用活動の代行で空いた時間を有効活用することで、業績アップにも繋がります。