新卒採用支援のメリット

新卒採用支援の企業側のメリットについて考えてみる

新卒採用支援というのは文字通り今年卒業して会社に就職しようとする人を採用する予定の企業や、就職活動をしている学生を支援するための仕組みです。こういったものを利用することによってどういったメリットを得ることができるのでしょうか。

第三者視点から会社を見れる

企業側が新卒採用支援を利用することによってさまざまなメリットを得ることができます。
まず、新卒採用支援は依頼を受けた企業の事を第三者の目線で見ることができます。これが企業側がこういった仕組みを利用するうえで最大のメリットと言えるのではないでしょうか。
新しい社員を採用するということはその会社が人材的に不足しているからにほかありません。もちろん常に在籍している自分の会社ですからどういった部分が不足しているかということをある程度しっかりと把握はできている事でしょう。
しかし、日々感じている不足している部分が本当にその会社にとって不足している部分とは限りません。本当はもっと他に重要視しなければいけない部分があるかもしれないのです。新卒採用支援は会社の状態を見て本当に必要な人材をアドバイスしてくれます。

トップの人間に客観的なアドバイスをしてくれる

新卒採用支援が第三者の目線で見れるという強みは客観的にその会社を見れるという部分以外にも大きな力を発揮することができます。
例えば会社のトップから営業の仕事ができる人材を増やしてほしいといわれたとします。しかし現場で働いている立場からすればむしろ製造に携わっている人が不足しているのでそういった人材を採用したと考えていたとしましょう。
ところが同じ会社で働いている立場だとなかなかトップの意見に逆らった提案はしにくいものです。
こういった場合に新卒採用支援に相談することによって本当に製造側の人材が必要だと判断した場合、遠慮なく意見することが可能です。トップ側も自分が仕事を依頼した相手からの意見ならばすんなりと受け止めやすいでしょう。

宣伝方法をアドバイスしてくれる

現在の就職戦線は一時期の不景気の時とは大きく様変わりしています。団塊の世代が相次いで定年を迎えて離職していく企業が多いことからどこの企業も優秀な新卒者を獲得しようと宣伝活動が盛んになっています。
会社で勤務しているとそういった就職戦線の情報というのはなかなか入ってこないものなので、いつまでも昔のような宣伝方法をおとってたのでは優秀な人材に自分の企業を見てもらう機会がどんどん少なくなっています。新卒採用支援は最新の宣伝活動情報を常に持っているので、企業側にメリットがある宣伝活動方法をどんどん提案することができます。また、宣伝活動だけではなく新卒者が働きたいと思ってもらえるような会社の雰囲気づくりに関するアドバイスも受けることができるのです。