新卒採用支援でスムーズな採用

新卒採用支援会社を利用することでスムーズな採用を

中小企業では人事採用を専門におこなう部署を設けるほど人材もなく、また余裕もなく、そのため他の業務を兼業しておこなっているところが多いです。新卒採用においても採用業務全ての過程を自社においておこなうのではなく新卒採用支援会社に依頼するところも多いです。

新卒採用は時間がかかります

中小企業で採用担当を専門におこなってい部署はなく、他の業務をおこないながら採用活動をおこなうところが多いです。しかし新卒採用ともなると、企業説明会に参加したりそのための学生に参加することをアナウンスしたり、また面接のための連絡や適性検査の実施と準備に時間がかかります。また説明会から採用まで無事に終了したとしても、内定を出した学生が入社してくれる補償はなく、場合によっては他の会社に内定をもらったからと言って自社の内定を辞退することも考えられます。そうなると入社までは内定者をフォローする必要があります。そうすると1年間を通じて新卒採用の業務に関わっていなければならない状況になります。そのため新卒採用支援会社に業務の一部を委託する会社も少なくないのです。

魅力ある説明に専念できる

新卒採用をおこなうためには会社説明会をおこなう必要があります。そのための学生に対して会社説明会を自社にて実施する旨を連絡して参加を促します。しかし中小企業の場合に単独で説明会をおこなっても知名度が大企業と比べると低いために参加学生数が思うように増えないことが多いです。そのため説明会を合同でおこなっている新卒採用支援会社の説明会に参加することで、他の企業の説明会に参加した学生や、まだどこにしようか迷っているような学生も自社の説明会に参加してくれる可能性もあります。そのためには当日の説明会で魅力ある説明、会社のアピールができるような準備だけをして説明会に臨むだけでよく、準備に時間が取られることはなくなるのです。

新卒採用のサイトに採用活動が集約されるメリット

また最近の新卒採用においては履歴書を紙ベースで作成して郵送してもらうのではなく、新卒採用支援会社のサイト上に自社のページを作成してもらい、そこにエントリーシートをウェブ上で提出してもらうだけで済みます。その自社のページに行けばいつでも応募者の履歴情報を確認することができるので紙ベースの書類を管理する煩雑さがないのです。面接の連絡、不採用の連絡等も、その新卒採用支援のサイトから簡単にできるようになています。会社の自分のメールアドレスで学生とやりとりするのではなく、そのサイト上でメールも管理もできるようになっています。そのため会社の自分のメールアドレスに学生のメールが入り乱れることもなくなるのです。